三井住友銀行おまとめローン

三井住友銀行でおまとめローン


三井住友銀行でおまとめローン

現在では、多くの金融機関が個人向けカードローン商品を展開していますが、おまとめローンとなるとどうでしょうか。

名前はよく聞くようになった「おまとめローン」ですが、実際に「おまとめローン」と銘打っている金融機関はごく一部で、そのほとんどが「カードローンをおまとめとしても使えます」といった意味合いで展開しています。

日本の3大メガバンクである「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」も同様です。

では、「カードローン」と「おまとめローン」の違いは後述するとして、まずは、メガバンクでおまとめをすることに対するメリットはあるのかということについてお話します。

まず、金利の面ですが、三井住友銀行が4.6%〜14.6%、三菱東京UFJ銀行が4.0%〜14.5%、みずほ銀行が4.0%〜14.0%と、メガバンク間の金利差はわずかです。これを、地方銀行や信用金庫などと比較しても、あまり大きな差はありませんでした。つまり、金利手数料の面で見ると、メガバンクのアドバンテージは大きいとは言えません。

ただ、消費者金融のカードローンと比べると数%の金利差があるので、借入額が多い場合はかなり有利でしょう。

次に、利用限度額ですが、下は300万円から上は1,000万円迄と金融機関によってかなりの開きが見られます。ただし、利用限度額が多くなればなるほど、審査が厳しくなる傾向が強く、例え、最大利用限度額が1,000万円となっていても、年収などの属性が余程良くないかぎり利用限度額の満額を借りられるケースはかなり稀です。

通常は、300万円の限度額があれば充分なケースが多いので、利用限度額についてはあまり気にする必要はないでしょう。

次に、使い勝手の面ですが、メガバンクというと審査面などで敷居が高いイメージを持たれる方も多いと思いますが、審査に関してメガバンクだから厳しいということはありません。

消費者金融と比較すると金利が有利な分、若干審査が厳しくなる傾向はあるかもしれませんが、それはメガバンクに限らず地銀なども同様です。また、審査から融資に至るまでの時間も、最短で即日にも対応してくれるので、他の金融機関と比較しても遜色はないでしょう。

また、先程お話した「カードローン」と「おまとめローン」の違いですが、カードローンは多くの場合、「事業性資金を除いて使途自由」とあるように、他社借入のおまとめ(または一本化)として使うのも、別の用途として使うのも自由となっています。

一方、おまとめローンは「目的ローン」の一種であるため、他社借入の一本化以外に使うことは原則禁止とされ、金融機関によっては使いみちを証明するために借入先の証明書類の提出を求められる場合もあります。また、目的別ローンとしてのおまとめローンは、一度借り入れた後は返済するのみとなり、繰り返しの借入をすることは出来ません。

一概にどちらがいい悪いとは言えませんが、使い勝手という点では、使いみち自由で繰り返しの借入が可能なカードローンが一歩リードしているでしょう。

以上のように、メガバンクでおまとめローンをすることに関して、他の金融機関との差はほとんどないというのが実情でしょう。しいて挙げるとすれば、メガバンクならではの安心感と信頼性でしょうか。



HOME >

パーツ